忍者ブログ
 カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 プロフィール
HN:
おりかさゆみ
性別:
女性
職業:
制作
 制作の木
 本棚
 便利サイト
 忍者アナライズ
キミジャグ織笠による楽屋裏探索戦記★★★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日「快速船」という舞台を観に、調布の仙川まで行ってきました。
せんがわ劇場、初めて来たけどキレイ!

senngawa.jpg


何度か舞台をご一緒した寺門文人君が主役で出演していたのですが。
そうです、ウルトラの桐山隊長です。ひとつ年下なのに、やたら大人っぽい人です。
この人、ふつーに串田和美の舞台とかに出てるからなー。

でも、会場に着いたら昔お世話になった舞台監督さんやら音響さんやら共演者がいて、ちょっとした同窓会っぽくなってしまいました。
演劇の世界って狭いっていうけど、この日ほど狭さを感じた日はなかった・・・。
最近知り合いの出てる舞台には、必ずといっていいほど別の知り合いがかかわってる。
驚きの再開が多すぎて、今日は誰に会うのか気が抜けません。

で、「快速船」ですが。
すっごいおもしろかったよ!悲鳴がでるほど面白かったよ、ぎゃああああ!

阿部公房原作の脚本なんですが、すっごい好みだったんです。
話も流れも生演奏も、どうやってるのか全然分からない不思議な舞台美術も。
カラフルだけど懐かしい衣裳も、個性豊かな役者さんも、回転する舞台も。
2時間ちょっとあったけど、全然長さを感じなかった。もっと観ていたかった。
久しぶりに好みのお芝居に出会ったなあ。ど真ん中。
ラスト、客席に飛ぶ無数の銀色のバルーンがおもしろかったです。
最後まで驚きがある舞台って、新鮮でいいな。
そういう驚きをちゃんと「魅せる」のは、何て難しいんだろう。

そういえば舞台前に、方向音痴な私を心配して三池君と奥村君がわざわざ仙川まで来てくれたのですが、おそらく仕事をサボる口実だったのではないかと思います。二人して何故か「P.Sアイラブユー」のパンフレット持ってたし。恋人同士か。
京王線くらい迷わず乗れるぜ。なめんなよ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]