忍者ブログ
 カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 プロフィール
HN:
おりかさゆみ
性別:
女性
職業:
制作
 制作の木
 本棚
 便利サイト
 忍者アナライズ
キミジャグ織笠による楽屋裏探索戦記★★★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

恐怖の演出を学ぶために、ホラー映画を観まくるよ!
ホラーもサスペンスも平気!でもスプラッターだけは勘弁な!「SAW」は2の途中で観るのあきらめたよ!

「パラノーマル・アクティビティ」2007年アメリカ

pra.jpg

モキュメンタリー。ゲームデザイナーさんが脚本・演出を務めた自主制作映画。
135万円で映画つくったら、興行収入90億円突破しちゃったよ!って噂になったやつです。
賛否両論あるみたいですが、おもしろかった!何か日本のホラーっぽかった。
これなら怖いものが苦手なぐっさんも見れるホラーなんじゃないかと。
派手な映画が好きな人にはそうとう退屈な映画らしいけど、あの静かに迫る恐怖感が好きです。
「何よ何よ」と思って、トイレにも行かずにじーっと観ちゃいました。
得体の知れないものが迫ってくる恐怖って、怖いよね!って映画。

「スペル」2009年アメリカ

su.jpg

行きつけのレンタル屋さんでホラー部門1位だったので借りてみた。
これ、ホラーじゃなくてコメディだった。
サム・ライミ監督の作品が好きで、B級映画が好きな人はオススメ。三池さんは「パッケージ詐欺」と言ってました(笑)
軽い気持ちで見れるベタなホラー映画って、大事!
ラストの雨の中の人間VS死人のガチンコファイトは古きよきヤンキー映画みたいだったよ。
音楽が良かった。サントラ出てないかしら。

個人的にホラーで1番好きな作品は「エミリー・ローズ」 泣ける。大好き。
「キャリー」も好き。「シャイニング」も好き。

本日の収穫:作品にはお金をかけりゃいいってもんじゃない。ベタな怖さの演出は笑いになる。

言葉の引き出しが少なすぎて、何か中学生の日記みたいだ…。
PR

キミジャグのみんなで観に行ってきました!
ネタバレはしない程度に書いたつもり!心配なら観に行った後に読んで下さい!

kokuriko.jpg

映画館にあった忍たまのパネルで遊ぶたけプー。

take.jpg

個人的にとってもおもしろかったよ!
若い世代にはウケるか分からないけれど…。
青色ジョーカーの棚谷君のブログにも書いてあったけど、自分がなりたかった学生像。
高度経済成長期の若者って、しっかりしてたんだなぁ。
生徒会長の水沼君が…。もう…。かっこよくて…。

これからキミジャグラボは「カルチェラタン」と呼ぶことにした。
みんなでそう決めた5分後、エビは「タランチュラ寄って帰ります」って言いやがった!どこだよ!タランチュラってどこのことだよ!

父ちゃんの作品と比較した評価は聞き飽きたっつーの。
ファンタジーもスペクタクルもなくたって、いい映画はいい映画。

「少数派の意見を聞き入れない君たちに、民主主義を語る資格はない」
風間君、かっけえええ。コロッケえええ。

観に行ったメンバーの中でも好き嫌いは分かれてたのですが、私は大好きな作品です。
この夏休みに是非!

感想まとめサイト(ネタバレ注意!)
観てきました!

あれって、ドラゴンボールが原作だって忘れれば面白いんじゃない??
「ハイスクール・カンフー」とか「ビックモンキーの大冒険」とか、何かそんなタイトルだったらいいんじゃない??

たけプーと座長も観に行くらしいので、それまで映画の話は厳禁なのです。
大人気の「デトロイド・メタル・シティ」を観て来ました!

detoroido.jpg

もともとはキミジャグの大ちゃんから漫画を薦められて、その日のうちにコンビニで買って読んで大好きになって。
かなり期待して観に行ったんですが・・・すんごいおもしろかったです

松山ケンイチはすごいなー。漫画から抜け出てきたみたい。
メイクと衣裳の力もあるんだろうけど、デス声とかシェイキングヘッドとか。
もうクラウザーさんそのもの。
根岸君とお母さんのシーンは思わずホロリと泣いちゃったし。
ジーン・シモンズもすごいよ!社長もかっこいいよ!
一番好きなのはロバートの秋山竜次が演じたカミュ。似すぎ。
あー、DVD出たら買おう。

こころなしか映画館の温度も高めだった気が。
次は21世紀少年か、パコと魔法の絵本が観たいな。

「崖の上のポニョ」観てきました。
何か世間では賛否両論色々意見があるみたいですが・・・。

おもしろかったよ!ポニョGJ!

海の中とか、すごーく幻想的でキレイ。
出てくる大人が、みんな子供たちの味方!心強い!
ポニョ見る前に、鬼頭莫宏の「ぼくらの」を読んじゃってたもんだから・・・。
いや、おもしろいけど。「ぼくらの」も。
やっぱりハッピーエンドは映画館を出る足取りが軽やかですね。

予定が合わずに結局映画館に観にいけなかったので、DVDで。
まわりの評判がかなーり良かったので期待して観たら、
本当にめちゃめちゃおもしろかった!!

s_photo_06.jpg

ヒロイン・トレーシー役のニッキー・ブロンスキーの可愛さに脱帽。
トレーシーのママ役のジョン・トラボルタはどっからどうみてもおばちゃんにしか見えない
特殊メイクってスゴー!
底抜けに明るいストーリーの裏には、差別とかアメリカの様々な問題が挿入されているのだけれど。
私的にはトレーシーのパパ役、クリストファー・ウォーケンのベタな笑いが大好きでした。
あー、観てよかった。
友人・みんなに貸し出す予定。
忍者ブログ [PR]